【SAとPAの違い】ヒッチハイカーが、解説してみた。

どうも、ともやすです。

今回は、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いについて解説していきます。

旅行や帰省のさいに走る高速道路で、休憩所として使うSAとPAですが、違いを知っていますか?意外と気になりませんか?

僕もいわれてみれば、その2つの違いがよく分からなかったので調べてみました。

SAとPAは、実はハッキリとした違いがない?!

そもそもSAやPAは、高速道路や有料道路を運転している運転手の人たちの休憩場所としてあります。そして、ヒッチハイカーもそこにいます(笑)

国土交通省によるSAとPAの違いは以下の通りです。

 

  •  高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。
  • 一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂、給油所などが備わっており、パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に応じ売店が備わっております。

 

提供するサービス内容の違いは、あいまいで微妙。しかし、「相互の位置関係により区分」されているのは、多少ハッキリしていて分かりやすいです。

  • SAは約50kmの間隔
  • PAは約15kmの間隔

これを素直に受け入れると、SAの数は少なく、PAは多いことになりますね。

SAのサービス

  • レストランなどの食堂
  • お土産コーナー
  • ガソリンスタンド
  • トイレ
  • 自動販売機

ただ、SAといっても場所によって規模がバラバラなため、ガソリンスタンドが無い場所もありますし、逆に?宿泊施設や温泉がある場所もあります。

もはや、SAだけを巡る旅が出来ちゃうほどの規模ですね(笑)

例えば、足柄SAなんてめちゃくちゃデカいです。ガソスタ有、温泉有、コインシャワー有、ドッグラン有と、かなり規模が大きいです。

因みに、ヒッチハイクしてて一番うれしかったSAは、岡崎SAです。なんと「カレー盛り放題!!!」があるのです。500円(2018/3の時点)で好きなだけカレーをよそってよくて、お金を使うのを控えたいヒッチハイカーからすると、とても嬉しかったです。

しかもこの時は、運転手さんにおごってもらったので最高でした!

子ども連れの家族でも、ここにくれば500円で盛り放題なのでお腹を簡単に満たせれるので、お財布にも優しいです。岡崎SAはおススメです。

PAのサービス

  • トイレ
  • 自販機
  • (売店)

土地は、狭いですし、人も少ないです。

ガソスタはほとんどないです。そして、売店もないところもあります。自販機あったらラッキーってかんじです。

高速はしると分かりますが、トイレなど限界が近く、次のSAまで行くのには「時間がない!」って時にちょいと、置いてあるのがPAのイメージ。PAの間隔はおよそ15kmなので急なトイレのために、ってところが推測できますね。

また、ヒッチハイカーは、PAに降ろされると辛いです。次の車が見つかる可能性が、一気に低くなるからです。

乗せてもらったら、SAに降ろしてもらうように伝えましょう。そして、ドライバーのみなさんも、図々しいですが、SAにヒッチハイカーを下ろしてやってください(笑)PAは本当に人が少ないので、よろしくお願いしますm(_ _”m)

ただ、埼玉県にある「三芳PA」は、かなり規模がデカいPAです。お土産や免税店、給油、給電、ATM、食堂、スタバと、かなり充実しています。

そういったPAもあるところから、SAとPAの違いが、あいまいになってきたのでしょう。

おわりに

以上こんな感じで、PAといえど大きい場所もあります。

実は、日本全国のSA,PAの情報をのっけている本?があります。地図帳といった方が正確かもしれません。

緑の縦長の形でして、地図みたいに横に広げていくと日本の地図が出てきて、各SAとPAの場所がどこにあるか書いてあり、それらのサービス内容が詳細に書いてあります。

ドライブで遊ぶときやヒッチハイクするときは、持っておくとかなり便利なものになりますので、おススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です