生活

【メルカリ 出品】手順、出品~発送まで【販売方法】

どうも、ともやすです。

メルカリを始めて、およそ半年がたちました。ブックオフで売ると、たいしてお金にならないからメルカリを始めました。

本や洋服などを中心に売って、今では「総額2万」以上は、売れました。

そこで今回、過去のメルカリを始める前の「自分」に向けて、初心者のあなたに向けてメルカリの販売方法を、1から説明します。

包装のために100円ショップに行ったりと、面倒なところはあるけれど、慣れれば簡単になっていくので、ぜひ始めましょう。

1、メルカリで商品を出品する手順

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

1、メルカリのアプリを起動させるとホーム画面の右下に「カメラマーク」があります。それを押しましょう。ポチッっと押すと下の画面が表示されます。

2、「写真を撮る」を押すと、撮影画面になります。「出品する」を押すと、下の写真の画面になります。

僕のおススメは、あなたのスマホのカメラで、売る商品を事前に撮っときましょう。そっちの方が、しっかり撮れます。

メルカリのアプリでの撮影は、画面が小さくて撮りずらいです。

3、バーコードを読み取って楽しよう

売る商品にバーコードがついているなら、読み取りましょう。読み取ると下の写真のように、次の3つが自動で入力されます。

  • タイトル
  • 定価
  • ハッシュタグ
  • 定価を書くことで、売る値段との差額をアピールでき、買ってくれる人にお得感を与えれます。
  • ハッシュタグ(#)は、検索の際に自分が出品した商品が少しでも引っかかることをねらうためです。

検索された時に、ひっかからないと売れる確率が多少減ります。

4、商品の詳細を説明する

バーコードがあれば、読み取って自動で入力されて助かりますが、無い場合や読み取っても該当しない商品があります。

その時は、自分で、商品のタイトルの入力、ハッシュタグを入力することになります。ただ、説明欄はあくまで「任意」なので、書かなくてもOKです。

ただ、購入者からすると、出品者の説明が一切無いと、不安なので買ってくれる確率が減ります。

説明欄の例

本の場合は、「見た目は多少汚れてるが、読むのには問題ないです」的なことは書きます。

他には「新品なのか」「1回しか読んでない」「何回も持ち運んで、少し折り目などがある」などと正直に書いた方が、売れます。

洋服を売る場合は「着丈」「肩幅」「股下」「ウエスト」などを書いた方が、余計な質問をされないでスムーズに売買が行われます。

購入者の不安をなくす、説明を書こう!

5、商品の状態を選びましょう。正直に。

配送料は、「出品者負担」の方が売れる。

発送元は、「商品を発送する都道府県」を選ぶ。

発送までの日数は、商品によるけど、あんまどうでもいいと思います。自分が絶対に、発送できるまでの日数を選べばOK。

「1~2日」「2~3日」「4~7日」の三択です。

商品が売れたあとの手順

ホーム画面の見上の「✔」に数字が出る。そこをタップする。

「内容を確認の上、発送をお願いします」をタップ。

すると、下の写真のように「3択」が出てきます。

発送手続きをする場所を選び、QRコードを発行してコンビニなどに行きます。

QRコードを発行する際は、「包装のサイズ」「品名」「電話番号を入力」します。

  • 小さい商品(本、洋服)は、コンビニ
  • 大きいダンボールに包装する商品は、ヤマトの営業所or集荷

がおススメ。

コンビニは、「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」で異なります。

  • らくらくメルカリ便→ファミマorセブン
  • ゆうゆうメルカリ便→ローソンor郵便局

らくらくメルカリ便で発送するなら「ファミマが断然おススメ」です。ゆうゆうメルカリ便を使ったことがないです、すいませんm(_ _”m)

セブンだと、レジでいちいちバーコードを発行しないといけないので、2個以上の商品を送る際には適していません。

一方で、ファミマだと「Famiポート」でバーコード(レシート?)を発行して、レジにもって行くだけなので楽です。

包装サイズは、らくらくメルカリ便だと

  • ネコポスA4厚さ2.5cm以内
  • 宅急便コンパクト(専用BOX)
  • 宅急便(60~120サイズ)

品名は、本、洋服、アクセサリーなどと書けばいいです。

最後に、発送元をタップして「電話番号を入力」→「変更する」

これで、QRコードが発行される。

最後の手順

コンビニなどで発送手続きが終了したら、「発送しましたボタン」を押しましょう。

メッセージを相手に送るとより親切です。

 

と、これで終わりです。まずは、読まなくなった本や洋服を1品出品して、経験しましょう。

経験しないと分からないことが、たくさんあります。セブンより、ファミマの方が楽なのも、最初は分かりませんでした。

セブンに商品を3つ持っていった時に、時間がかかって汗をを書いてしまったことから、ファミマの方が「Famiポート」があって周りを気にせずに手続きできると、分かりました。

また、包装に使う材料などをどこで買うのか、どこから持ってくるのか、家にあるものでまかなえるのか等は、実際にやってみないと分かりません。

ただ、1回取引すれば、あとは同じことを繰り返すだけなので、簡単です。

ぜひ、お小遣い稼ぎでもしてみて下さい。

p.s.100円ショップは、便利

今回、参考のために使わせてもらった商品が↓です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です