免許

【本免試験 対策】対策すれば難しくない。簡単に合格できる。

どうも、ともやすです。

車の本免試験といえば、最後のとりで。

  • 難しいかな~
  • 対策どうすればいいかな~

結論をいえば、「仮免の筆記試験と同じ勉強すればOK」です。仮免との違いは問題数が、増えること。ただ、それだけです。

本免試験の出題形式は、

  • 〇×形式で90問(90点)
  • 写真を見て回答するイラスト形式が5問(1問2点)

合計100点満点で、90点以上が合格ラインです。時間は50分。

僕は、仮免取ってから間が空いたという言い訳ですが、3回受験して合格(笑)

あなたには、1回で合格してもらいたいです。

そこで、本免試験の難易度や対策について書いていきますので、よろしくです。

本免試験の難易度は難しくない

このフレーズをよく耳にしますが、これに踊らされて勉強を甘くみてやると、僕みたいに2回も不合格になります(笑)

だから、周りの意見はほどほどに聞き、しっかり勉強して1発で合格しよう。

だって、1回1750円も払うんだよ!まあまあ、良いランチ(夕飯)食べれるよね?!大学生にしたら。

僕は2回落ちたから、無駄に3500円も払ったからね()。いきなりステーキで夕飯食べれるよ(笑)

本免試験の対策は、教科書を使おう

確かに、本免試験は問題集の反復が重要ですが、意外と教科書の方が落とし穴を見つけやすいですし、より効率的な復習ができます。

教科書の使い方

問題集で問題を解いてもらって、「間違ったところは教科書を見て網羅的に復習」しましょう。

ほとんどの問題集の解説は、その問題に対する解説しか書いてません。が、実際の試験で問題集と一字一句すべて同じ問題は、そうそう出てこないです。

出てきてもそういう問題は、ひねってこなくて勉強不十分の人でも取れるような問題です。それは、普通に勉強していれば誰でも取れるので、いわゆる基本問題です。

気にするべきは、「自分が間違えた問題と、自信を持って解答できなかった問題」です。

そして次のような問題の種類が、だいたい自信を持って答えれないです。

  • マニアックな問題
  • 情報量が多い、長文

だいたいこれらは教科書を見て、しっかり網羅的に勉強しないと、見落とすか、意味があやふやで自信を持てないで解答してしまい、落とします。

マニアックな問題とは、「あんまり見たことない問題」のことであり分野です。

これは、問題集を解いた数が少ない人や、教科書を読み通してない人にとってマニアックに感じてしまう問題のことです。

これの対策には、やはり問題集では時間がかかります。でも、教科書を使えば効率的に対策できるので、めんどくさがらずに教科書を使おう!

長文問題は、単純に「1つの文章に情報を多く」詰め込んで、わざと「1か所だけ」言葉を間違えます。

しかし、その文の90%は正しいので全体的に正しく感じてしまい、間違いを見つけれない受験生は、〇と解答して点数が下がります。

この対策も問題集より教科書を使えば、より楽に対策できます。

 

自信をもって解答できるようにするには、間違えた問題などに当てはまる箇所を教科書で探します。

そして、教科書を読んで、新鮮味を感じた文章はぜひ、そのページを付箋やらページの端を折って印をつけときましょう。

新鮮味を感じる=自分の中であやふやな理解

という構造になってますので、その分野の問題が出たら高確率で当てずっぽうに、〇×を選んでしまうので合格が遠ざかります。

逆に、どんな問題集でも、問題を見て確証をもって答えれる数が多ければ多いほど、合格に近づいてる証拠です。

この考えを頭にいれて対策をしてください。

合格するには、必ず出る問題を解けるように

  • 標識
  • 追い越し、追い抜き車線
  • 高速道路
  • 積載
  • 警察の手信号

これらは、覚えてなんぼ。パッと見てパッと解答できないと解答できません。

特に「左折」と「一方通行」の違いは、毎日10回写真を見て覚えよう。

警察の手信号も文章で書かれると、一気に難易度が上がります。自分の言葉で説明できるようにしよう。

仮免終わって直ぐに受けるのが一番の対策

本免試験といえど、仮免の筆記試験と内容はかなり被ってるところが多いよ。

実際に、本免試験の問題集を解いてみると分かるけど、新しい問題は全体の3,4割程度の印象だと感じると思う。

ので、「仮免取ったから、次は本免!」なら早めに取ろう!

その方がトータルでかかる時間が少なくて済む。車の免許ごときに何か月もかけるのはバカバカしいし、時間がもったいない。

まとめ
  • 教科書を使って、網羅的に勉強しよう
  • 自分の言葉で解説できるほどの理解まで落とし込もう

この二つを頭にいれて勉強すれば何も怖くない!

【本免試験 お金】値段は?時間は?持ち物は?会場:東京は3か所本記事では、本免試験にかかる値段と時間、一日の流れを書いています。その他、注意点などを書いてあるので本免試験に行かれる前に是非、読んでみてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です