受験

【挫折 体験談】2年弱で物理学科を挫折した体験談とアドバイス。

どうも、ともやすです。

今年度より、物理学科から商業学科に転部することになりました。

 

経緯としては、タイトル通り物理学科を挫折したからです。

物理学科を辞めた「理由」と「それから学んだこと」を説明していきます。

 

物理学科を挫折した理由

「大学2年の秋は11月の終わりにやめよう!」と決めました。当時、自分の苦手な電磁気学の演習に嫌気がさしました。

それに波及して、物理学科で勉強してる意味を考えはじめました。「これが将来自分の何の役にたつのか?」と。

 

「自分は将来、研究者になる気があるわけでもなく、教員になるわけでもなく、塾講師になるわけでもないのに、今、そしてこれからの2年と半年を将来使わないであろう物理に時間を費やすのは無駄だ!」と判断しました。

 

他に、この決断にいたるうえで周りの学生の授業中の風景を見ていて、そして実際に同じ学科の学生と話していて、この中に本気で物理を勉強をしているのが全体の1,2割しかいないのだと思うようになりました。これも影響しました。

 

正直、大学生の人は分かると思いますしこれからの人は入学して授業を受けていくと分かりますが、本気で勉強してる人はごく少数です。みんな大卒の肩書のためにいやいや単位を取りにきてるだけです。

辞めてみて、反省、学んだこと

アドバイス①:他人を見て判断しないこと

担任の先生や親、知り合いの人に言われて思いましたが、

他人を見て判断しないことが大事だと思います。

 

周りがやる気があろうとなかろうと「自分とは関係なかったな~」って今では思います。ただ、僕みたいに1,2年過ごして、「つまらなくなった!」や「なんか想像と違った!」って思ったら転部するなり、転科してもいいと思います。

 

アドバイス②:なるべく早く他人に相談する

まずは、親と話し合いましょう。親と疎遠なら、知り合いで年上で社会人の方や、おじさん、おばさんに相談するのもありだと思います。僕も知り合いのおじさんに話しました。(#友達に相談はダメ)

 

僕の場合は、やめる!と決断したのは11月の終わりですが、親や周りに告げたのは1月の終わりです。これは後悔してます。なるべく早く、親に相談するのをお勧めします。

 

親と話して、色々と将来どうしていくかを考えて逆算して「今、何をする時期なのか?」と考えました。

他人と話すことによって、他の選択肢を探すようになり、そして他の選択肢があることに気がつきました。

 

アドバイス③:とりあえずその学期の単位だけは取ろう!

辞めるかたちにもよるのですが、単位は取れるだけ取っときましょう。もし、「やめて違う大学に編入する」や「転科する」ということになった場合、編入(転科)後に単位をいくつか認定してくれます。

 

また他大学に「編入の場合、修得単位数に条件がある」場合があります。

その条件を満たさないと「1年からやり直し」になるかもしれません。

今までの時間とお金をドブに捨てるかたちになるので気をつけてください。

終わりに

大学生になったら色々と悩んで(考えて)いいと思います。悩むだけの時間がたくさんあるからです。また、挽回するのにも時間と労力がそこまでかからないからです。

 

「大学を卒業して自分は何をしたいのか?」「これからどういう人生を歩んでいきたいのか?」たくさん悩み、考えていいと思います。何かしらの「答え」がでてくるまで悩みましょう。

 

答えはなんでもいいと思います。「今は大学生をとことん満喫する!」や「恋愛をする!」「サークルや部活を全力でやる!」「お金をためてヨーロッパ旅行する!」「資格を取るために勉強をがんばる!」「大学院目指してがんばる!」

 

いろんな答えがあって当然です。十人十色ですから。

自分のやりたいこと見つけて全力で前進していくのが大事。

p.s.休学の手もある。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です