勉強

【簿記3級は独学】で合格できます!試験の難易度

どうも、トモヤスです。

 

簿記3級を勉強しようか悩んでいる方は、次のような疑問を持っていたりしませんか?

簿記3級って「独学」で合格できるのかな?

試験の難易度はどのくらいだろう?

数学とか難しい計算を使うのかな?

3級って、取る価値あるの?

2019/6/9に簿記3級を受け無事に合格しました。独学でゆったり4か月勉強して合格しましたよ。

 

そこで今回、上記のような疑問に独学で合格した僕が経験談を踏まえて回答していきます。

 

記事内容

簿記3級は、独学で合格できる

3級を取る価値とは

試験について

資格学校について

2, 3分で読み終わると思うので少しお時間くださいm(_ _”m)

 

それでは、いってみよう!

 

 

簿記3級は、独学で合格できる

実際に僕は、教室や通信学習を受けずに参考書と問題集をひとりで学習し合格しました。

勉強期間は、「4か月ほど」でした。毎日、勉強ってわけでもなく普通にさぼった日もありましたね。

 

なんなら1週間近く勉強しなかった時もありましたよ。1か月以上勉強しないのはやり過ぎですが、1週間なら「忙しくて」や「育児で」などが理由で特に勉強しなくても問題ないでしょう。

 

僕の「1日の勉強時間は1時間」くらいでしたね。試験5日前から前日は、1日4時間と、いつもより追い上げしましたね。

 

合格に必要な勉強時間は、100時間

「3か月、毎日1時間でギリ受かるかな?」ってところです。

 

なので、毎日1時間を目標に勉強していく方は、試験1週間前になったら普段より時間を多く使うのがよろしいと思います。

 

因みに、最後の1週間お世話になったサイトがこちらです。図解で、とてもわかりやすいです。説明も丁寧で最高です。

 

3級を取る価値とは

3級を取ると

就職の選択肢が少し広がる

高校生ならAO入試に少しは有利に働くかな?

フリーランスの人は3級の知識を知っとくと納税の時に役立つかな?

ぶっちゃけ、影響力は小さいです。強みにできるものでは、ないですね。

 

ただ、

・経理部という部署では、最低ラインに簿記3級を求めている企業が大半だったり

・中小企業で、従業員の年齢層が高い場合、経理の仕事を得られる能性があったり

・大学のAO入試で中堅以下であれば少しは有利に働く可能性があったり

・フリーランスとしては、3級の知識があれば少しは納税で役立つかもだったり

します。

 

簿記3級を持ってることで、お金に関して知識がある、という印象も多少与えることができるかもですね。

 

しかし、本当に武器にしたいなら「1級合格」や「公認会計士試験合格」などが良き。また、そこまでいかなくとも、簿記2級を持ってた方がベターだよね。って話。

 

勉強中ですが、2級はざっくりいうと「簿記3級を細かくしたもの」って感じなので合格したらその勢いで半年後に、2級を取った方が取りやすい。記憶が鮮明だから。

 

「いきなり2級でよくね?」って思う方に対しては、資格の大原で「3級から始める2級合格コース」があるのでそれを受けるのをおススメします。

 

「3級の知識が基礎となって2級が作られている」ので、いきなり2級を目指すにしても結局は3級から勉強することになるよ。

 

試験について

難易度

合格ラインは70%以上

しっかり勉強すれば誰でも合格できる難易度。

四則演算ができればOK!なので、誰でも合格できる。文系とか理系は関係ない。

 

しかし、「合格率は50%弱」なのが現実です。

以外と数字だけを見れば厳しい感じはしますね。

 

周りの人たちは簡単という割には、不合格者が目立つ数字ですね。

 

大問ごとの難易度

大問1,3,5は、いつ受けても難しいことは、ほぼないです。難易度のブレはないですね。

しかし、

大問2,4はマチマチです。簡単な時もあれば、難しい時もあります。難易度が高い場合、ほとんどの合格者でも「4割取れるか、取れないか」が現実ではないでしょうか。

配点

大問1,3,5がそれぞれ、20点, 30点, 30点

この大問3つで得点を稼ぐのが必勝パターンです。

 

大問2,4 ➝ 各10点

簡単な時は美味しい問題と化しますが、難問のときは不味くなりますね。

 

なので試験当日は、大問2,4は、パッと問題を見て簡単だったら秒で終わらす。難しそうだったら飛ばす。という判断をするのがよろしいです。

 

目標点数

大問1 ➝ 16点(1問ミス)

大問2,4 ➝ 10点(10/20)

大問3,5 ➝ 24点ずつ(8割)

合計 74点 ➝ 合格

 

当日の持ち物

筆記用具、受験票、写真付身分証明書、電卓(関数電卓などは不可)、腕時計、上着

 

申し込み

「ネット」or「商工会議所」でします。

僕はネットでしました。今の時代だとネット予約が多数ではないでしょうか?「商工会議所ってどこ?」って方が多いと思いますし。

 

あと、ネット予約じゃないと受けれない試験会場がある、という謎の条件があるので調べときましょう。

 

試験時間

  • 2時間

 

9時開始と記載してあったのですが、説明が9時に開始で、実際は9:15開始でしたね。

 

「A4、両面白紙が1枚」配られます。途中計算や仕訳にとても便利ですね。

模擬テストを受ける時は、A4用紙1枚を使って練習しとくのが得策というものでしょう。

 

試験終了

確か、試験が始まって20分経ったあたりから途中退出可能になります。

また、試験終了、10分 or 20分前から途中退出が不可になります。

 

問題用紙は持ち帰ることができます。解答用紙だけ提出。

 

季節によりますが、6月の試験会場は冷房がかなり効いていて寒かったです。上着など服装も注意しときましょう。

 

 

資格学校について

教室は通った方が無駄なく勉強できると思います。カリキュラムがあるのと確認テストがあり、模擬テストも受けれます。

 

が、たくさん情報が出回っているので、「どのような問題が出題されやすいか」などは調べることができます。

 

僕の使ってた問題集でさえ、分野ごとの出題頻度の傾向が明示されてましたね。

 

また、誤った漢字の読みで勉強していたりなど些細な勘違いはありましたが、合格に支障はなかったですし、読みが気になる漢字が出てきたらググれば出てくるので、そこも問題ないと思います。

 

資格学校の授業の種類

  • 通信
  • 通学

学校にいって授業が受けれない人ようにしっかり対応してる状態にあります。

 

例えば、資格の大原という資格学校の通信講座の受け方として、見たい講義をwifiを通じてダウンロードすれば、どこでもネットなしで講義を受けることができます。

 

とても便利ではあります。しかし、3級は資格学校の授業を受けなくても問題なく合格できます。

 

僕の考えとしては、3級を独学で合格する忍耐力がないと、2級以上を取る予定の人にとっては厳しいと思います。

 

なぜなら、難しくなればなるほど、結局は自分で参考書をよんだり情報収集して、問題だったり、用語を理解する「個人作業の数が増えていく」からです。

 

なので、2級以上や公認会計士などを目標にしている方は3級は独学で合格をもぎ取りましょう。

 

勉強期間を3,4か月にして勉強していけば、そこまで焦ることなく余裕をもって合格できると思います。

 

以上となります。

まとめ

・簿記3級は、独学で問題ない

・3級は価値が低いので、2級以上を目指そう

・試験は、大問1,3,5で点数を稼ぐ

・資格学校は2級からでいい

 

少しでも役に立てたら嬉しいです。

 

是非、簿記3級は独学で合格を目指しましょう。

 

 

p.s.とはいえ、あまり舐めない方がいいよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です